『ウール』お手入れ 次第で きれい長持ち

Pocket

寒くなると、ウール素材のセーターなどに袖を通す機会が増えますね。

でも、Tシャツやトレーナーと違って簡単に洗濯したりできるわけではなく、どれぐらいの頻度で洗えばいいのか、あまり洗いすぎずに綺麗なまま長く着るにはどうすればよいのか悩むところです。

そこで今日は、ウール素材の特徴や、お手入れ方法をお届けします。

スポンサーリンク

ウールの特徴

ウールは、動物性の天然繊維です。

動物の毛から繊維を取り出して糸を作り、それを織り上げて製品になります。獣毛由来の天然繊維は、繊維の間に効果的に空気を含み外気を遮断します。厚物(冬物のセーターなど)を多く目にするため、天然繊維は冬のものという認識をしてしまいがちですが、織り方や生地の厚さ次第で一年中利用でき、春夏ニットや肌着にも利用されています。

実は、カールした繊維の間にエアポケットができることで、熱がこもらず常に体温を一定に保ってくれるため、通気性がよく、汗が吸収され肌はべたつかず、常に清潔な状態を保つことが出来るとても優れた素材なのです。

・断熱性が高い

・通気性がよい

・吸湿性がよい

・冬は暖かく夏は涼しい

・シワになりにくい

・水に濡れると縮む

お手入れ

基本的には、ウールは汚れや水に強いため お手入れに神経質になる必要はありませんが、セーターなど頻繁に洗濯やクリーニングに出すのは、傷みや風合いを損ねるため、なるべく洗濯やクリーニングの回数を減らしながら、コンディションのよい状態を保つのが長く着られるようにするポイントです。

そのためには、日頃のお手入れが肝心です。

まずは、一日着たら数日休ませましょう

お気に入りのニットだからと言って、連続して着ると繊維が摩耗して毛玉や型崩れなどですぐに着られなくなってしまいます。替えを何着か用意して、ローテションして同じ服を連続して着用しないことです。

脱いだらその日のうちにブラッシングをしましょう

ブラシをかけることで、服についた汚れを払い、絡まりかけた繊維をほぐし毛並みが整います。また、毛玉ができにくくなります。

洋服をブラッシングするためのブラシは、エチケットブラシと呼ばれるホコリ取り用のものではなく、毛がしっかりと植えられたブラシ状のもので、動物毛のものを選ぶと静電気が起こりにくいです。できればウールやカシミアを扱うのに適した毛質のものを用意すると、お気に入りの洋服をより長持ちさせることができます。

ブラッシングの基本は、こすらずに払うです。編地の目に沿って優しくブラッシングしていきます。手首を回し、払うようにブラシを動かします。繊維をほぐし、ほこりを払い飛ばすイメージです。

脱いですぐに収納しないようにしましょう

着終わって汗ばんでしまったニットは、水で濡らしてかたく絞ったタオルでトントンと、たたき拭きすると汚れが取れます。特に、肌着を着ていても襟元や脇などは汗がつきやすい部分です。

また、アイロンのスチームを1cmぐらいの浮かせがけするのもいいです。浮かせてかけることで、スチームの細かい粒が繊維の奥までいきわたり、ふんわりとした風合いに仕上がります。

そして、必ず通気のために風通しの良い場所にまる一日以上吊るしてから収納して下さい。

毛玉を取りましょう

ウールに毛玉はつきものです。その原因は主に摩擦で、服を着ているときやカバンによる擦れ、洗濯など毛玉ができる原因はあふれています。そのため脱いだその日のうちにブラッシングをしていても毛玉はできてしまいます。

毛玉が目立ち始めてしまったら毛玉を取りましょう。

毛玉取りブラシや毛玉取り機を使ってもいいですし、手間ですが、ハサミで繊維の絡まっている部分から毛玉を切り離す方法もあります。手でむやみに毛玉を引っ張っらずにガムテープなどで毛玉を引っ張って切る部分を見やすくするとハサミで切りやすくなります。ハサミは、眉毛バサミや糸切ばさみのような小さなモノの方がおすすめです。

ただし、毛玉のとりすぎも生地が傷んでしまいますので注意してください。

シミが付いたらすぐに「シミ抜き」しましょう。

シミが付いたら収納の前に「シミ抜き」をしないと、変色やカビ、虫食いの原因になります。ウールは自分で染み抜きもできますが、染み抜きをしたら最後に必ず丸洗いが必要になります。また、染み抜き用の洗剤を放置したり染み抜きした部分をアイロンやドライヤーで乾かすとかえってシミの原因になったりするため洗濯表示を確認して慎重に行う必要があります。自分で染み抜きをする自信がなければクリーニングに出したほうがよいでしょう。

同じ動物性の天然繊維でもカシミアやアンゴラなどは染み抜きできないのでクリーニング店に相談して下さい。

ウールをクリーニングに出す頻度

説明のようなお手入れをコマメに行っていれば冬のクリーニング頻度は、動きの少ない方で季節に1回、外出や動くことが多い方で月に1~2回程度で十分でしょう。真夏は、汗をかくので普段の倍くらいの頻度の方がいいでしょう。

ウールやニットのクリーニングに出すタイミングは、5回ぐらい着たら着心地や見た目、肌触りなど異変はないかよく観察してタイミングを感じることも大切です。洗いすぎも風合いを損なうことになりますが、あまりに洗わないのも汚れがたまり繊維は傷みます。

衣替えは慎重に

繊維を好む虫や湿気、汚れから衣類を守るため、シーズンオフにはクリーニングに出してから長期収納することをオススメします。自分で洗濯する場合は、洗濯絵表示に従ってきちんと洗濯しましょう。

そして、カビの原因にもなり虫が好む湿気を取り除くために虫干しをします。クリーニングが仕上がった服も、蒸れないように必ずビニールを外して下さい。

クローゼットに吊るす場合も衣装ケースに収納する場合も、頑固なしわ や 型崩れの原因になるので、無理矢理ギューギュー詰めに押し込まないようにすることが肝心です。

タンスや衣装ケースに防虫剤を入れるときは、衣類の上に入れ、湿気対策として乾燥剤を合わせて使うと効果的です。

さいごに

【 まとめ 】

● 一日着たら数日休ませる

● 脱いだらその日のうちにブラッシング

● 脱いですぐに収納せず、まる一日以上風通しの良い場所に吊るす

● 毛玉を取る

● よく観察して、洗いすぎ、洗わなさすぎにならないようタイミングを感じとる

● 衣替えは慎重にする

といった感じです。

いかがでしたでしょうか。

せっかく気に入って着ていた服が、型くずれして似合わなくなったり、オフシーズンの間にシミや穴ができていて着られなくなったりしては残念です。

ちょっとした日々のお手入れや心がけで、また翌シーズンも快適に着用できますよ。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。