野菜高騰中「豆苗」爆売れ!人気の秘密は 圧倒的 お得感!!

Pocket

女優の浅野ゆう子さんが57歳にしてご結婚されたとか、

大阪府立登美丘高校ダンス部「バブリーダンス」をきっかけに再ブレイク中の荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」が、2018年1月15日付のオリコンの週間カラオケランキングで初の1位を獲得し、32年越しの快挙を達成されたとか、

バブル時代に大活躍されていたおふたりのニュースが世間を賑わせていますね。

とってもハッピーなニュースとは裏腹に、日本列島では寒波が猛威を振るい寒い日が続いています。おかげで野菜が高騰していますね。

野菜が高騰すると、「豆苗」が爆売れするのをご存知ですか?

今まさに、「豆苗」は爆売れ中でスーパーの売り場では売り切れ続出しているんですよ。

「豆苗」が爆売れする理由は、ズバリ「お得感」なのです。

今日はそんな「豆苗」についてお届けします。

スポンサーリンク

「豆苗」って何がお得なの?

豆苗は、値段が安く店頭で100円前後で売られています。

工場生産のため天候に左右されることがなく、天候不良で他の野菜が高騰している時でも価格は安定しています。

そして、二度食べられます。

とっても財布にやさしい野菜で、そのうえ栄養もあります。

「二度食べられるってどういうこと?」ですよね(笑)

豆苗は、かいわれ大根のような見た目で、葉と茎を食べ終わったあとに根を水に浸しておくと、新しい芽が伸びて7日から10日で再収穫して食べられるのです。

お得感があって、手軽にキッチン菜園ができるのでお部屋のグリーンとしても楽しめます。

豆苗 キッチン菜園方法

ザクッと切って水につけておけば、簡単に育ちます。

ただ、しっかり生えそろったものを すこしでも早めに収穫したいのですよね。

そうなると、育てる時のポイントは「脇芽」と「水」です。

まず、普通すこしでもムダをなくそうと、豆のすぐ上あたりでザクッと切ってしまいますが、根元の上に小さな脇芽が二つありますので、そこを残して切ると育ちやすくなり収穫を早くできます。

水は、たくさん入れすぎると豆が腐るので、豆が浸らない程度に入れてください。そして、室内の日当たりの良い場所に置いておきましょう。

水は1日に1回(夏場は1日2回以上)交換してください。

はじめは少しずつしか芽が伸びませんが、数日経つと急激に伸びだしますよ。

「二度食べられる」といいましたが、実は何度か繰り返し育てることができます。

ただ、豆にカビが生えるなど衛生的な面で、何度も繰り返し育てるのはオススメしません。何度も繰り返すと、成長も遅くなり弱々しくなってきますし、一度収穫したら次のを買って取り替えた方が良いです。

豆苗の栄養は?

豆苗はエンドウ豆を発芽させたもので「豆」と「緑色葉物野菜」の両方の栄養を併せ持っているんです。

ビタミンA、ビタミンK、ビタミンC を特に多く含んでいます。

これらの栄養素は老化の原因といわれる活性酸素を除去する作用があるので、若々しさを保つためにも摂取したい野菜です。

ほかにも、葉酸やたんぱく質、ビタミンB群、βカロテン、ビタミンCも含まれていますので、少量でもたくさんの栄養を取ることができます。

栄養の面からみても、とってもお得感があって助かる食材と言えますね。

どうやって食べる?

豆苗は 生 でも食べられますので、さっとサラダにしてもいいです。

さっぱりいただきたいなら、お浸しにしてもいいですね。

炒め物にしても、みどりが綺麗です。

ガツーンといきたいなら、にんにく炒めにするのもアリですよ。

冬の寒い時期なら、スープにすれば体も内からあたたまります。

お酒のつまみが欲しいときは、ナムルもいけます。

いろんな使い方ができるので、いろいろな料理に使ってみてはいかがでしょうか。

さいごに

昨日、今日は本当に冷え込みましたね。

明日あたりにはこの冷え込みも少しは落ち着くようですが、野菜への影響はしばらく続くと思います。

工夫しながら野菜の栄養いただいて、寒い冬を乗り越えましょう。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。