『節分』あなたは豆まき? 恵方巻? それとも 鰯?

Pocket

1月も半分が過ぎようとしています。

2月4日には、春の始まりの日である「立春」をむかえます。

そして、立春の前日、2月3日は「節分」です。

今日は、日本の伝統的な行事のひとつである「節分」についてお届けします。

スポンサーリンク

節分って年に 4回 あるって知ってた?

節分とは、各季節の始まりの日の前日のことです。

節分は「季節を分ける」ということも意味しているのです。

つまり、『立春・立夏・立秋・立冬の前日』ということで、節分は年に4回あります。それが、「立春は1年の始まり」ということで重要視されて、節分というと立春の前日のことを指す場合が多くなったといわれています。

季節の変わり目には、鬼が出やすいと考えられていました。そのため、節分には鬼を追い払うための行事が行われるようになったのです。ここでいう「鬼」とは、邪気や厄のことです。

「豆まき」と「福豆」

鬼を追い払うための行事のひとつ『豆まき』

今は、節分の日の豆まきのために 鬼の面と豆 がセットで売られていますね。これを買っておいて、仕事から帰ったお父さんが鬼役で子供が豆をまくというご家庭も多いと思います。

豆まき用に売られている豆を買う場合まず問題ないと思いますが、「生の豆」を使って ひろい忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているため、豆まきには「炒り豆」を使います。間違って「生」を購入しないように注意してください。

豆まきが終わったら、豆を食べましょう。

邪気を取り払うために火であぶった豆を『福豆』と呼び、この豆を年の数だけ食べることで、体に福を取り入れ 1年間 病気にかからず健康に過ごせるとされています。

小林一茶 がよんだ『 三つ子さへ かりりかりりや 年の豆 』という句があります。

「行事の意味さえわからないような、三歳の子どもでさえ 嬉しそうに年の豆を かりり かりり と食べているよ」という、微笑ましい映像が浮かんでくる句です。この句にあるように、子供のころ特別おいしいわけでもないのに、豆まきのあとに自分の年の数だけ豆を食べるのが何故か楽しかった記憶があります。

大人になって、豆まきはしないけど 豆は食べる という方もいるのではないでしょうか。でも、大人になると数が多すぎて大変になりますよね(笑) 豆は食べすぎると消化不良をおこしますのであまり無理しすぎないようにしてください。

『恵方巻』2018年の恵方「南南東やや南」

恵方巻は、もともとは大阪を中心とした節分行事です。

「丸かぶり寿司」「節分の巻き寿司」などとも呼ばれます。セブンイレブンのおかげで、最近は広く浸透してきましたが、今年は年明け早々からコンビニ店頭に『恵方巻予約受付中』のチラシがはられ、伝統行事というよいも商業イベントといった感じになってきています。

恵方巻は、ただ買ってきて食べればよいというものではありません。

  • ひとりで太巻きを切らずに 丸っと1本
  • その年の恵方に向かって
  • 願いごとを心の中でとなえながら
  • 無言で最後まで食べる

簡単なことに聞こえますが、これ結構きついんです。

相手は太巻きですから、マジな太さのやつですから、それを切らずに丸っと1本となると途中でお腹はいっぱいになってくるし、胸につっかえるし、願い事はとなえなきゃいけないし、なんか忙しいし、時間かかるし、途中で絶対しゃべりたくなります。

ですので、食べだす前に、これでもかって言うぐらいしゃべっておくことをおススメします(笑)

なぜわざわざこんな食べ方をするかというと、

太巻きを鬼の金棒に見立て退治する意味があるのです。また、福を巻き込む 巻き寿司を 縁や福が切れたりしないように、包丁で切ってはいけないとされています。

恵方を向くのは、恵方はその年の福徳を司る歳徳神(としとくじん)がいるため、その方角に向かって行えば「何事も吉」とされているからです。

無言で食べるのは、しゃべると運が逃げてしまうためです。

ちゃんと、すべてに意味があるんですよ。

でも、家族がみんなそろって同じ方向を向いて、ただ黙々と太巻きを食べる光景は「早食い競争でもやっているのか」って気分になってきて笑えてくるんですよね。

イワシを食べる

節分にイワシを食べる習慣がありますが、これは イワシを焼くときの煙と においで鬼を追い払うためと言われています。
鬼は、イワシを焼くと立ちのぼる煙と においが嫌いなのだそうです。

イワシは家で焼くとすごい煙とにおいのため焼いた後の消臭や掃除が大変なので、新鮮なものをお刺身でいただきたいところですが、鬼を追い払うためにも、この日は、塩焼きにして食べましょう。くれぐれも煙を出しすぎて火災報知器が作動しないように気を付けてください。

柊鰯(ひいらぎいわし)というものもあります。

柊の小枝に焼いたイワシの頭をさしたもののことで、節分にはこれを門口に飾ります。

イワシの頭を刺すのは、イワシを食べるのと同じく イワシを焼く煙と においで 鬼が近寄らないという意味で、柊は、柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れないためといわれています。マンションも増えたせいか、この習慣はずいぶん前から見かけなくなりました。

さいごに

節分の習慣もいろいろありますね。

地域やご家庭によっても習慣は違っていると思います。

節分の日、あなたはどの行事をされますか?

うちは、今年も

しゃべる のを 我慢しながら 恵方巻丸っと1本食べて

お腹いっぱいのところに、イワシの塩焼きをいただきます。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。