LIXIL『オールインワン浄水栓』交換 カートリッジの定期購入をおすすめする3つの理由

Pocket

突然ですが、浄水器をお使いですか?

うちでは、もともと「浄水ポット」タイプを愛用していたのですが、引っ越した家のキッチンが LIXILの『オールインワン浄水栓』( 蛇口が浄水器と一体になっているタイプ )だったこともあり、カートリッジ取替時期に合わせて 古くなった「浄水ポット」を処分して『オールインワン浄水栓』を使用しています。

これ、水栓内蔵なので ビルトインタイプみたいに浄水器の設置スペースもいらないし、蛇口にポコっと別売の浄水器を取り付けて見た目不格好にもならないし、なかなかです。

そろそろ初めてのカートリッジ交換時期がやってきまして、

交換用のカートリッジは、ネットでも売っているみたいだし「どうしようかな~」と思ったのですが、取説の中に入っていたカートリッジの注文はがきを利用して定期購入を申し込んでみました。

交換カートリッジが届き開けてみたら、思わぬお得情報が!!

そこで、今日は交換カートリッジ定期購入をおすすめする理由や、取替方法などお届けします。

スポンサーリンク

浄水カートリッジ交換方法

こちらが

オールインワン浄水栓です。

蛇口の横についているレバーで

浄水切り替えをします。

交換用カートリッジは

小さくて可愛い箱に入って

送られてきますよ。

それでは さっそく、届いたカートリッジを交換してみましょう。

中に交換方法が詳しく書かれた紙が入っていますが、手順を写真付きで説明します。

① 蛇口のヘッドを はずす

片手で回すと、本体の方が一緒にくるっと回ってしまいヘッドは外せません。

片手で本体を押さえ、ヘッドを左に25度ひねると、スッと抜けます。

② 新しいカートリッジを差し込む

使用済みが上、新しいのが下です。

使っていたカートリッジを抜いたら

新しいカートリッジを抜いたところに

差し込みます。

③ 交換表示リングを回す

ヘッドを外すと本体側に

1~12までの数字があります。

ここを回して次の交換の月に

数字を合わせます。

見えにくいですが、ヘッドを付けた時に

写真の「このまど」と書いてあるところに

合わせた数字が見えるようになっているため

交換時期忘れ予防になります。

交換時期の目安は、カートリッジのグレードや家族構成等によって浄水器の利用頻度がちがうため、カートリッジ申し込みの際の説明をしっかりみておきましょう。

④ ヘッドを元に戻す

ヘッドを本体に戻します。

本体にヘッドを差し込むのですが、抜いた時とは逆方向にひねってはめ込みます。

まずヘッドを左に25度倒した角度で差し込み

右に25度回すとヘッドが真っ直ぐになり、ピタッと収まります。

先ほどの、「まど」のところに次の交換月が見えているか確認しておきましょう。

⑤ 流水

取り付けたら、

切り替えレバーを「浄水」にして

約1分流水して完了です。

もっと複雑だったらどうしようかと思っていたのですが、意外に簡単でした。

新しいカートリッジを装着したあとの流水時間も1分ほどと短くて済むため、今まで利用していた「浄水ポット」より、時間も お水も 節約できます。

浄水器、お湯は通しちゃ ダメって 知ってた?

送られてきたカートリッジと一緒に

使用上のお願い

お茶などに浄水をご使用いただく場合は、

水で出した浄水を沸かしてご使用ください。

と説明書きがありました。

全然知りませんでした。なんなら、面倒なので洗い物のあとなどお湯のまま「浄水」を使っていたかもしれません。無意識なので自信がありません。

調べてみたところ、家庭用の浄水器には、ほとんどのメーカーが「中空糸膜」を使用していることが一因で、「中空糸膜」とは、ストローを細くしたようなものなのですが、お湯を使うと浄水器の「中空糸膜」の膜の外側から圧力がかかって穴が潰れてしまい、お湯が通せないということのようです。

また、お湯を流すとカートリッジの中の「活性炭」に吸収された水道水の中に含まれる物質が放出されてしまう可能性もあるようです。それでは浄水の意味がなくなってしまいますね。

そして、もうひとつ

「ろ過膜」などに使われている「樹脂」が、お湯の温度に耐えられないということも考えられるようです。中で実際に水をろ過している部分には、デリケートな素材が使われており、温度が高くなってしまうと、柔らかくなって破損したり、うまくろ過ができなくなってしまいます。あまりに高い温度のお湯を流してしまうと、浄水器のカートリッジが使えなくなってしまうこともあるようなので、注意が必要です。

「浄水」は、あくまでも「水」を流し、を沸かして使用しましょう!

定期購入をおすすめする3つの理由

交換カートリッジを手に入れる方法は、

・ LIXILオンラインショップ

・ 交換カートリッジ申し込みハガキ

・ Amazon、楽天などのショップ

など、選べます。楽天や アマゾンのほうが価格が安かったりもするようです。

では、なぜ定期購入をおすすめする気持ちになったのか?

その理由は3つです。

カートリッジのグレードが選べる

交換用浄水カートリッジにはグレードがあります。

  • 標準タイプ
  • 高塩素除去タイプ

もちろん高塩素除去カートリッジの方が、標準タイプより 多くの物質を取り除くことができます。交換時期ごとに自ら注文する方法の場合、標準タイプしか選ぶことができません。定期コースにすれば、カートリッジタイプを選べます。

交換時期を覚えなくて済む

忘れっぽい私には、重要なポイントです(笑)

先ほどの、カートリッジ交換の際に、交換時期忘れ予防の「小窓」がありましたが、ぶっちゃけ言っておきます。カートリッジ交換の時にはじめて気づきました(笑)

メーカーさんには申し訳ない限りですが、そこをみるのを忘れます。

そんな方には、定期購入はとってもオススメです。

【定期購入の特徴】

  1.  交換時期に定期的に お届け 又は お知らせ がある
  2. 毎回注文が不要
  3. お得な割引料金の上に、嬉しい送料無料!

勝手に送られてくるので、忘れたくても忘れられませんね。

1の お届け と お知らせ の違いは、

交換時期に毎回配送を選ぶと、お届けになります。

まとめて一年分送ってもらう方法を選ぶと、交換時期をお知らせするハガキが届くシステムです。

わたしは、毎回配送を選びましたが、一年分まとめて送ってもらうほうが割引率はいいです。一年分まとめてと言っても、何十本もありません。「浄水」を使う頻度によりますが、一般のご家庭なら年間で3~6本ぐらいです。どの本数のコースにするか選べますし、小さいのでストック場所にも困らないと思います。ちょっとでも安いほうがいい!!という方は一年おまとめコースがオススメです。

定期コースに加入して【サポートサービス】に登録したら嬉しい特典が!!

知らずに、定期コースを申し込んだのですが、納品の中に入っていたハガキでこのサービスを知り、さっそく登録しました。

LIXILオンラインショップ(申し込みハガキも可)にて、オールインワン浄水カートリッジの定期コースに新規で加入して、オールインワン浄水栓サポートサービスに登録をすると、

なんと!!

「4年後に、シャワーヘッドプレゼント!!」

さらに「8年後には、新品の浄水栓に特別特価でお取替え」というのもあるのですが、こちらは無料ではないのでギョギョっというほど嬉しい特典ではありません(笑)

利用して4ヶ月弱ですが、カートリッジを取り替えるときに確認したら、ヘッド部分の網目に若干ではありますが白い粉状の付着物があり、お手入れをしてから新しいカートリッジを取り付けました。長く使用していると、おそらくこの部分に汚れ等がつくんだろうなと思います。

だがらと言って、家の蛇口のヘッドをわざわざ5年目に買い換えたり普通はしませんよね。それが、買わなくても無料で交換できるんですよ。嬉しい特典じゃないですか!登録は無料だし、どちらにしてもサポートはしていただきたいので速攻登録させていただきました。2017年10月にスタートしたサービスのようですよ。(特典は変更になる可能性もありますので、必ずLIXIL公式サイトで詳細確認して下さい)

さいごに

知らないことって、多いですよね。

カートリッジを交換してみただけで

  • 浄水栓に「小窓」があることに、はじめて気づく
  • 「浄水」はお湯を通してはいけないと知る
  • お得なサービスがあることを知る

などなど、知らなかったことを知ることができました。

何でもないことですが、

「知る」「気づく」ってとっても嬉しいことですね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。