キッチン水回りは『ついで 掃除』が 断然 オススメ !

Pocket

キッチンなどの水回りの汚れは蓄積されると ちからずくで 時間をかけて落さなければいけなくなるため、忙しい毎日の中で掃除をしようと思うと、それなりの心構えや 時間の調整が 必要です。そうすると、嫌になって先延ばしにしてしまい、ますます汚れを悪化させてしまうなんて悪循環をうんでしまいます。

でも、水回りがスッキリしているだけで、とっても綺麗で片付いている家に見えるものです。時間や 手間がかかる気がして、分かっていても ついつ後回しにしたり サボってしまいがちな水回りの掃除ですが、ムダを減らして ほんの少し工夫することで 案外 効率がよく 上手に手を抜きながらキレイをキープできるんですよ。

今日は、無理せずゆったり「ついで掃除」のコツをお届けします。

スポンサーリンク

「水回りの掃除」厄介なのは?

* 水垢 *

水回りでとても厄介なのは「水垢」です。

水に含まれるミネラル分が固まったもので放置しておくと石のように固くなって、こすっても こすっても落ちなくなってしまいます。シンクや 洗面所の鏡、お風呂の蛇口に シャワーヘッドなど、水がかかる ありとあらゆる場所にできます。

この「水垢」がつかないように予防するだけで、水回りがとってもキレイで掃除が行き届いているように見えます。そして、予防していると固まらないので ちからと時間をかけてお掃除する手間もなくなりますよ。

* 湿気 *

水を使う場所ですから、やはり湿気はつきものです。

特にお湯を使い湯気が充満する お風呂場や 洗面所の湿気をそのままにしておくと、すぐにカビが発生していまいます。カビが生えると見た目にも汚いですし身体にもよくありません。

* 油汚れ *

キッチンでは、揚げ物をしなくても油の飛び跳ねは 必ずあります。

炒め物や グリルを使って 魚を焼いたときにだって、その煙とともに 換気扇が 油を吸い上げてくれています。放置して厚みを増したベトベトの油も水垢と同じくとっても厄介な存在です。

それだけではなく、床に飛び跳ねた油をそのままにすると 知らないうちにスリッパで踏み、裏が汚れているのにも気づかずに歩いて家中を自分で汚して回っているなんて散々なことになってしまいます。

* 排水口の ぬめり *

ぬめりも少し目を離すとすぐ発生しているものの一つです。

衛生上もよくありませんし、ぬめりを放っておくと悪臭にも繋がります。

* アンモニア臭 *

トイレはきれいに見えても、飛び散っているものです。

便座式だからといって飛び散らないわけではありませんし、トイレを散らかすのは男性だけではありません。放っとくとトイレがなんだか「臭う」なんてことになってしまいます。

場所別「ついで掃除」

では、どのように「ついで掃除」ができるのかそれぞれ場所ごとに見てみましょう。

 キッチン

キッチンのシンクは、毎日の「ついで洗い」がおすすめです。

食器を洗い終わったら、ついでにシンクも洗う習慣を付けましょう。なにもシンク用の洗剤を用意する必要はありません。食器を洗う洗剤をスポンジにつけてシンクを最後に洗います。

そして、すべて終わったら必ず水を布巾で拭き取ります。

もし時間がなくて シンクを「ついで洗い」できないような時でも、最後に水をキレイに拭き取るのだけは忘れないでください。シンクに水が残っていると、水垢の原因となります。水のあとさえ残さなければ、キッチンはとってもキレイに保てるのです。毎日洗えば水垢も気にならず、こすり洗いが不要になりますよ。

角コーナーを使われてますか?

もし使っているようでしたら三角コーナーをやめることをオススメします。

三角コーナーをやめるメリットはたくさんあります。

  • 三角コーナーの掃除の手間がかからない
  • 見た目が綺麗になる
  • シンクの中が広々する
  • 臭いが出ない

生ゴミは三角コーナーがなくても困ることはありません。

料理のときに出る野菜の切れ端や皮などは、新聞紙やピニー袋にその都度入れれば片付ける手間なくゴミ箱に入れられますし、食べ残しや汁気の多いものは排水口のゴミ受けにネットを被せておけばゴミが流れてしまうことはありません。毎回シンクを洗う ついでに ネットを取り替えて、排水口のゴミ受けも洗えば ヌメリが出ることも 臭い出すこともありません。

排水口のゴミ受けが深い場合、掃除しにくく たくさんゴミを受けることができるため、ついついそのままにしてヌメリがひどくなるなんてことが起きてしまいます。浅いものだと、ササッと洗えますし そんなにゴミが溜められないので 嫌でも洗う気になります。もし排水口のゴミ受けが深くて容量が多いものがついているのであれば、ホームセンター等で1000円以下で浅いタイプのものが売られていますので取り替えるといいですよ。

ガスコンロ掃除は汚れが気になってからする人が多いかもしれませんが、ガスコンロこそ毎日掃除していると綺麗に保てます。ガス台がまだ温かいうちに拭き掃除をすると、油がまだ固まっておらず、洗剤などつけなくても布巾でサッと拭くだけで十分綺麗になります。洗い物のついでにコンロまで拭く習慣をつけましょう。ついでにグリルの煙の出口や換気扇の周りも拭けば油が蓄積されてベトベト~なんてこともなくなりますよ。

そして、何回かに1回シンクをあわあわに洗っている時ついでにガスコンロ周りも一緒に洗ってしまいましょう。より一層油汚れが溜まりにくくキレイなキッチンが保てます。

お風呂

入浴中についで洗いするとお掃除が楽です。

日中にお風呂掃除をしようと思うと、わざわざお風呂掃除の時間を取る必要がありますし乾いたお風呂をわざわざ濡らしながら洗剤でこすらなくてはいけません。お風呂場にまだ湿気が残っているときがお風呂掃除を楽にするチャンスです。皮脂汚れが浮きやすく、軽い力で汚れを落とすことがでるので、この段階であれば何もつけていないスポンジでお風呂場をザッとこすってしまえば大抵の汚れは流せるレベルです。

お風呂掃除用の洗剤を振りまく必要などありません。最後に入浴した人が、スポンジに普段身体を洗うのに使っているソープなどをつけて掃除してしまいましょう。そして最後に忘れてはいけないのが、必ず水滴を拭き取ります。水分を拭き取っておくと、カビの発生を防ぐことができますし、水滴跡がのって頑固な水垢になる心配もなくなります。スクイージーや雑巾などで水気を一掃しまいましょう。

水気を拭き取ったからといっても入浴後は湯気が残っていますので、締切にすると湿気がこもってしまいます。窓を開けるか換気扇を回すことを忘れずに。

洗面所

洗面台も水垢がたまりやすいところです。そして、歯磨き粉や石けんなどの汚れがたまるため手を洗うついでにスポンジでサッと洗うなど気付いた時のついで洗いを心がけます。毎回洗う必要はありませんが、洗面台を使ったら最後に必ず水を拭き取りましょう。

洗面所では、脱ぎ着をしたりタオルなどを使用することがおおですし、髪の毛やホコリがたまりやすい場所です。お風呂の前に必ずさっと床を拭くなどの習慣をつけるといいですよ。そのためには、ものを出しっぱなしにして置かずに隠す収納にしたほうが掃除が楽になりますね。

トイレ

入浴前にトイレに行かれる方は多いと思います。その時についでにトイレ掃除をするとお風呂で体を洗えばいいので汚い気はしなくて済みます。トイレに行くたびに便座の裏だけでも毎回トイレットペーパーでサッと拭く週間をつけておけば、トイレ掃除はかなり楽になります。

便座の裏はおしっこの飛び跳ねが必ずつきます。でも、便座カバーを毎日取り替えている方はそうそういないのではないでしょうか? わたしは、毎日便座を拭くために便座カバーは随分まえにやめました。ノーカバーで通していたのですが、旦那さんに「カバー付けて欲しい」と言われ、今は仕方なく貼り付けタイプのものを使用しています。かぶせるタイプのものよりサッと剥がして簡単に洗えますし、裏側はカバーされていないため拭き掃除もいつでもできていいですよ。

『ついで掃除』の心得

  • 水気を残さない
  • こまめに拭く 
  • ものを直に置かない(たくさん置かない)
  • 排水口は毎日チェックする 
  • お風呂は、窓を開ける(窓がなければ換気扇はつけっぱなしに)

三角コーナーにしてもそうなのですが「見せる収納でかっこよくしたい!」と思うかもしれませんが、お掃除の事を考えると「見せない収納でスッキリ!」のほうが絶対おすすめです。

ものが置かれていなければサッとひといきで拭き掃除もできますが、いろんな物を置いていると一つずつ持ち上げては掃除することになり、それが面倒くさいという思いに繋がってしまいます。また、ものを置くとホコリや置いた跡がつくなど掃除の手間がかかることが増えてしまいます。

さいごに

結局手間をかけずに楽をしようと考えると「毎日チョコチョコついでに済ませちゃえ!」というのが一番らくにつながるんじゃないかなと思います。

日本人は外国に比べ「家事をきちんとしなければいけない」という思い込みが激しいのだそうです。なんだか毎日肩を張って息が抜けなさそうで楽しめていない感じがしますよね。

どうせやるなら楽で楽しいを選んでみてはいかがですか?

毎日続く家事ですから、無理をしないことが大切ですよ。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。