『定額小為替証書』どこで買える? 買い方、手数料、送り方 を簡単解説

Pocket

役所で戸籍謄本などの証明書を郵送で取り寄せる時に 手数料を「定額小為替証書」で送るように指示されるのを知っていますか?

この「定額小為替証書」使う機会が 少なく名前自体 聞いたことがないという方も多いと思いますが、少額のお金をやり取りをする時に役に立ちます。

ちなみに、読み方は「ていがくこがわせしょうしょ」です。

今日は、そんな定額小為替証書の買い方や手数料、使い方などについてお届けします。

スポンサーリンク

 『定額小為替証書』は、どこで手に入れる?

定額小為替証書は、郵便小為替(ゆうびんこがわせ)と呼ばれることもあります。

取り扱っているのは郵便局のゆうちょの窓口です。

ここで間違ってはいけないのが、郵便局で扱っているわけではなくゆうちょ銀行の窓口で扱っているという点です。

「ゆうちょ貯金窓口」は土曜日、日曜日、祝祭日はお休みです。

つまり郵便局が土日・祝日に開いていたとしても、「郵便窓口」が開いているだけで「貯金窓口」ではないのです。ですから、土日・祝日に定額小為替を購入することはできません。定額小為替を購入することができるのは、ゆうちょ窓口が開いている平日「朝9時から夕方4時まで」となります。くれぐれもご注意ください。 (大きい郵便局で夕方6時まで営業していることがあります)

コンビにで買えないの?

最近は切手やハガキなど 何でもコンビニで買えるから「コンビニで買えるんじゃないの?」と

コンビニに行っても購入できません

郵便為替法』で郵便為替の取り扱いは「日本郵政公社」が行うこと決まっているためコンビニでは扱っていないのです。

金額と手数料、買い方をやさしく説明!

定額小為替は50円~500円までの 50円刻みの額と、750円、1000円 があります。

購入には手数料が1枚につき100円かかります

額により手数料が変わるのではなく、購入の枚数によって変わってくることになります。

たとえば

【 500円の定額小為替を発行する時 】

500円の額の小為替がありますので 500円の定額小為替1枚と、手数料100円になります。

500+手数料100=600円になります。

【 600円の定額小為替を発行する時 】

600円の額の小為替がないため 600円分になるように組み合わせるのですが、手数料は1枚につき100円かかってきますので、

● 300円を2枚の組み合わせにした場合

(300×2枚)+(手数料100×2枚)=800になります。

組み合わせは自由に選ぶことが出来るので、

● 200円を3枚にした場合

(200×3枚)+(手数料100×3枚)=900円になります。

ご覧のとおり、同じ600円分発行する場合は枚数によってお支払い金額が違ってきますので、お渡しする先方から「いくらの小為替証書を何枚」など細かい指示がないのであれば、できるだけ枚数が少なくなる組み合わせで発行してもらいましょう。

『普通為替証書』と何が違う?

郵便局で利用できるもう一つ『普通為替証書』というものがあります。定額小為替と同じようにお金を証書として送ることができるのですが、何が違うのかというと、『普通為替証書』は、1円以上 500万円以下の金額を 任意で記入できます。手数料は 5万円未満が430円、5万円以上が650円となっています。

ですので、数千円以下の少額であれば『定額小為替』、それ以上の金額を送りたい場合や、端数がありピッタリの額で送りたい場合は『普通為替』にする必要があるということになります。

「定額小為替」「普通為替」のメリットは?

わざわざ買ってまで為替を使うメリットは何なのでしょうか?

それは「お金」を普通郵便で送れるということです。

通常、現金を送るときには「現金書留」で送ります。

現金書留は通常の郵便代に加えて430円の現金書留手数料がかかります。

しかし、定額小為替で送ると「現金」ではないので普通郵便で送ることができるです。

戸籍謄本などの発行料は少額ですし普通郵便でも送ることが可能なため、郵送で取り寄せする時に『定額小為替』を発行手数料での支払いを指示する自治体が多いのです。

定額小為替、普通為替の書き方「宛名」は必要?不要?

上の写真を見ていただくとわかるのですが、定額小為替には「受取人欄」があります。

ここはゆうちょ銀行のホームページでは受取人(送りたい人)の名前を書くとなっていますが、無記名でもOKです。ただし、無記名の場合は持参人払(持ってきた人に払う)という形になります。

ちなみに、戸籍謄本などを取り寄せるときには各自治体HP上で、定額小為替にて支払いをするように書かれている下に「受取人欄などは全て未記入のまま送付してください」などとわざわざ指示されている場合もありますので、記載内容をよく確認してみましょう。

もし『定額小為替』受け取ったらどうしたらいいの?

続いて「定額小為替」をもし万が一、受け取ったという場合はどうしたらよいのかを紹介していきます。

換金も郵便局、期限や時効もあるから注意して!

定額小為替を受け取るということは ほとんどないと思いますが、もし受け取った場合は郵便局に行って換金します。場合によっては身分証明書が求められるということなので免許証などの本人確認書類は持っていきましょう。

そして、受け取った定額小為替には発行から6カ月がという期限があります。期限切れの小為替はその場での換金はできないのでご注意ください。

ただし、有効期間を超過した小為替でも手続きをすることで再度、貯金センターから小為替が郵送されてくるのでそれをもって再度現金化することはできます。しかし、この扱いは「特例措置」です。

また、「定額小為替証書」は1年 「普通為替証書」は3年という時効があります。時効を迎えたら権利消滅となり換金できなくなります。できるだけ特例措置対応などしてもらわなくて済むように、そして時効になってしまわないように、早めに換金に行きましょう。

さいごに

今回、役所に書類の請求をして「定額小為替証書」を利用しました。

慣れないことをする上に、聞いたこともないものを利用するのはとても戸惑います。しかも、平日に取りに行けないから郵送請求するのに、平日しか買えない小為替ってどうなの?と言う疑問も浮かびます。

なんとか戸惑いながら小為替で書類請求をしたのですが、依頼した書類が手元に届くまでには一週間ほどかかるようです。間に合うかドキドキですが、昔なら郵送もしてもらえなかったことを考えると、少しずつ良くなってるんですよね。

今日も ありがとう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。